スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

驚いた

佐伯直哉 選手 の加入について(ジェフ公式)
驚きの新加入情報。これまで全く噂が浮上することのなかった移籍です。去年の対戦では出場停止で不在であったりと、あまり印象の強い選手ではないのですが、どうやら中盤の底で「水を運ぶ」タイプとのこと。今のジェフにはそういう選手がいませんからね。ボランチは決して人数が少なくないジェフにあえて来てくれたのですから、ポジション争いの一角を占め、ベテランとして若手への刺激となるように活躍してほしいものです。

熊谷智哉 選手 の移籍について(ジェフ公式)
こちらはすでに入団テストを受けたことなどが報じられていた熊谷。心機一転、新天地での活躍に期待したいですね。

伊藤翔心境明かす「フランスでやりたい」(ニッカン)
さらに先日報道のあった和製アンリの伊藤からはこんなコメント。来てくれれば応援したい逸材ですが、モチベーションを落として来てもらってもなあ。焼き肉王子の前例もあるし。



2009/01/20 12:00  |JEF Unitedtop▲

紙面より

鹿島・中後の千葉移籍はレンタルで決着(スポニチ)

すでに公式でリリースのあった中後の加入ですが、完全ではなくレンタルで決着した裏にはこのような背景が。ジェフ側が移籍金をいくら払うつもりがあったのかということについては推測の域を出ませんが、クラブの身の丈以上のものは出せないでしょう。むしろこの記事を見る限り鹿島のこだわりは金額ではなくてレンタルにあった模様。これについての功罪を考えると、ジェフ側にとっては現在鹿島と契約が残っている状態で保有権を買い取るのに比べて契約が切れる来年以降完全で獲得する場合には移籍金が相対的に安くなることが期待できる、ということでしょうか。むろん鹿島が再度移籍に応じなければなりませんが。鹿島としてはここまで育成した選手を簡単には手放せないというか、充当できる他の選手の出現がなければ返却を要求できるわけですから一種のリスクヘッジになります。加えて言うなら、これは選手本人にとっても怪我などでレンタル先で評価を固められなかったときは古巣に戻れる、というリスク保証になるのでしょうか。まあもちろんそれに甘えるようなら最初から移籍など、という見方もできますが、短い選手生命ですからかけられる保険は掛けておきたいのが人情。実際に怪我したマルキを手放さざるを得なかったジェフと、復帰させて大輪の花を咲かせた鹿島には、選手マネジメントの部分で大きな隔たりがあるのではないかと思っていたのですが、クラブの根幹に選手に対するこういう親心があるとすると、それもうなずける話です。やはり長年君臨するクラブには見習うべきところもあるのですよ。まあ好きなクラブではないけど。


千葉がグルノーブル伊藤翔獲得に乗り出す(ニッカン)

中後獲得に浮かれていたら、思わぬところから日本人獲得の噂が浮上です。中後獲得を先んじて報じたニッカンから。まあ大島や我那覇に振られたまま国産フォワードの補強をやめてしまうとは思っていませんでしたが、方向性を変えて巻の後継者探し、と言ったところでしょうか。素材としては十分将来性を見ることはできるんじゃないでしょうか。ただしJに見向きもせずに海外デビューした「逸材」ですから、近い将来海外への流出は覚悟しなくてはいけないでしょうけど。今年は新人も採らないみたいだし、年齢的には新人枠、と思って好さそう。もちろん移籍金や年俸は買いたたかないとね。結果出してないんだし。

それにしてもこのニッカンの記事、外人FW獲得を封印というくだりが気になりますが。記者の妄想であってほしいですが。今の体制では巻が代表にとられたときの代役として同じタイプのフォワードがいませんからねえ。新居や深井、孝太でまわすにはチームの戦術を変えなくちゃいけなくなります。去年のレイナウドの起用法をみても、「巻の控え」という存在は不可欠。代表イヤーの今年、巻の控えがいないのに外人枠を空けて開幕に臨もうという余裕はないはずなんですけどね。

こりゃサポコミで大きな突っ込みどころになりそうだw

2009/01/17 11:37  |JEF Unitedtop▲

待ち人来る

中後雅喜 選手の加入について(ジェフ公式)

ようやく発表されました。去年の王者、鹿島で24試合に出場し優勝に貢献したボランチで、中盤の底での配球やプレースキックに定評のある逸材。ジェフユース上がりというのも好材料。ひとまずはレンタルのようですが、もちろん今期活躍→買取、という流れでジェフサポに愛される存在になってほしいです。それにしても優勝チームから主力級の選手の獲得というのは、これまでのジェフの歴史を見ても快挙と言わざるを得ないでしょう。今季の巻き返しにかけるクラブの意気込みの伝わる補強です。

あーはやくシーズン始まらないかなあ♪
2009/01/16 21:38  |JEF Unitedtop▲

ことしも

第15回千葉ダービーマッチ「ちばぎんカップ」開催のお知らせ(ジェフ公式)

シーズン到来を告げるちばぎんカップの日程がリリースされました。世界3大カップの一角に挙げられるこの大会に優勝して、新シーズンに向けて幸先のいいスタートを切りたいですね。先行は今週末からですよ!一般は来週から。お見逃しなく。

2009シーズンスケジュールについて(ジェフ公式)

そして新シーズンのスケジュールもリリース。初日は施設訪問からだそうです。
2009/01/16 00:02  |JEF Unitedtop▲

苔口、がんばれ!

苔口卓也 選手 期限付き移籍 期間満了のお知らせ(ジェフ公式)

連休中に来ていましたね。ミラー以降活躍の機会が減ってしまいましたが、降格のプレッシャーの中での戦いはいい経験になったのでは。まだまだ若手ですから、その俊足を生かしてセレッソでの活躍を期待しています。
2009/01/13 08:59  |JEF Unitedtop▲

とりあえず放置

鹿島・中後が千葉に完全移籍へ(スポーツ報知)

とりあえず新聞報道。この中後側がほのめかしている移籍先が本当に千葉なのかということも含めて、公式の発表を待たなければいけませんが、それにしても茨城方面の動揺狼狽ぶりは一時のうちを見るようであります。一寸先は闇、明日は我が身。獲得報道にあまり素直なリアクションが取れないのはトラウマでしょうかw 早く公式来い。

2009/01/10 11:07  |JEF Unitedtop▲

サポコミ

サポーターコミュニケーションデーについて(ジェフ公式)

日程と場所が決まりました。今年は千葉駅前に移って、会場も広くなってます。クラブの自信の表れ、というのはうがちすぎかもしれませんが、交通の便のいいロケーションに変えたというのはやはりカスタマーサービスの向上を感じます。クラブの変化は、ここにも。
2009/01/10 11:03  |JEF Unitedtop▲

はやや、ありがとう!

早川知伸 選手 期限付き移籍 期間満了のお知らせ(ジェフ公式)

レンタル延長か買い取りか、去就が注目されていた早川の返却が決定です。最終節もエドの代役でフル出場し、抜群の安定感を示してくれただけに、今後も戦力として大きな期待がかかっていましたが、横浜FCでも彼を必要としているようです。今シーズンのジェフを支えてくれた頼もしい助っ人の一人であり、救世主でもある早川。今後の活躍に期待したいところですが、ひとまずは「ありがとう」。
2009/01/10 10:59  |JEF Unitedtop▲

加入ラッシュです

和田拓三 選手の加入について(ジェフ公式)
福元洋平 選手の加入について(ジェフ公式)
アレックス・ミラー監督の契約について(ジェフ公式)
深井正樹 選手の完全移籍について(ジェフ公式)
アレックス 選手の加入について(ジェフ公式)
江尻篤彦コーチの就任について(ジェフ公式)

二日間で6人、公式発表です。監督の留任、コーチの復帰は既定路線だったものの、去年怒涛の5連勝の立役者となった深井の完全移籍は「待望の」公式発表ですね。噂されていた和田、福元、アレックスも確定です。和田は左右真中をこなすオールマイティなディフェンダーで即戦力の期待大。アレックスはJ2福岡時代には26得点をたたき出したこともあり、プレースキックも蹴れるしサイドバックからボランチ、攻撃的中盤までこなせるオールラウンダーです。選手をターンオーバーして使っていくであろうミラー体制には重要なポリバレンス持った選手と言えるでしょう。福元は期限付きですがこの世代の中では期待度の大きいセンターバックの人材。大きく成長して、完全移籍、と行きたいところです。

ネットを見渡すと、まだちらほらと獲得に動いている選手の名前を数名見かけることができますが、いずれも現時点では確定的な情報はない様子。今年から入れ替え戦が廃止され、ますます激化しそうなJ1ですから、堅実に勝ち点を稼ぎ、長丁場のリーグを戦いぬけるだけの戦力の充実ははかっておきたいところです。今年放出の多かったディフェンス陣、守備的中盤はまだまが層が厚いとは言えないでしょう。また今年巻が抜けることが増えると思われるので、フォワード勢にも補強がほしいところ。ミラーの強化ポイント、フロントの手腕に、さらなる期待をかけたいところ。

2009/01/07 01:16  |JEF Unitedtop▲

ありがとう、お元気で

イビチャ・オシム元監督 帰国(ジェフ公式)

大恩あるイビツァ・オシムが4日、離日されました。成田に集まったジェフサポーターは300人以上とも。教え子からは坂本や阿部の姿もあったとの事です。公式に掲載されたコメントは、クラブや選手への戒めという形ではありますが、実に御大らしい愛に満ちた内容となっており、ジェフを愛する人であれば必読のメッセージです。泣けます。

すばらしい出会いと、切ないドラマで結ばれた、オシム一家とジェフサポ。しかしそれを越えて、われわれの魂は繋がっているのだと固く信じます。相手を想う限り、絆は切れないのだと、それは人と人、人とサッカー、そのほかすべての事に当てはまるのだと、最後のレッスンをいただいた気がします。

どうぞお元気で。いつの日か、ジェフの喜びの日にまたフクアリでご一緒しましょう。
2009/01/06 16:02  |JEF Unitedtop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。