スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

夢から醒めて、夢を見る

11/9 天皇杯 4回戦
千葉 3 延長 2  甲府
得点者 (千) 工藤、巻、水野 (甲) バレー、長谷川

 ナビスコ優勝の歓喜と疲労から一気に現実へ。疲労の見える一部の主力を休ませつつ、おおむね見劣りしないメンバーで臨んだ天皇杯緒戦。この緒戦で格下相手にうっかり、というのがこれまでのJEF。しかしカップウィナーとしてはJ2チームに(しかもこの短期間で)遅れをとるわけには行かない。一方甲府はJ2でも3位につけ、入れ替え戦をにらんで腕試しとばかり、強気に望んでくるのは必至。チームとして真価を問われる一戦となった。

↓↓今日も長いから折ります↓↓
 立ち上がりから甲府に主導権を許し、後手に回る嫌な展開。ボールを持っても有効に回しきれず奪われる場面が目立つ。キャプテン阿部の必死の指示がむなしく響く。そんななか、水野のクロスに反応した工藤が先制点をあげ、ほっと安堵。しかしそれもつかの間、前半終了間際にバレーに一点を許し、嫌な雰囲気で後半を迎えた。
 ハーフタイムでオシム監督から「なぜつなごうとしない、しっかりサッカーをしよう」と激励されたイレブン。しかし後半も思うような展開を作れない。逆に長谷川に1対1から決められ逆転を許す。これが4日前に国立で歓喜に沸いたのと同じチームなのか。4万5千人の前で歓喜に沸き、4日後に2800人しか集まらぬ臨海で静かに天皇杯を終えるとしたら、そこで得るものは何なのか。疲労、その一言でかけがえのないプライドを地に落とすことになるのか。
 などと爪を噛むこと10分。左サイドを完全に抜け出した坂本からマイナスのグラウンダークロスが巻へ。本当に勝負強くなったエースがこれを決め、同点。
 結局このまま試合は延長戦に突入。JEFにとっては二試合連続の延長戦となった。延長前半は互いにチャンスを作りながらもゴールを割れず後半へ。土曜日のPK戦が頭をよぎる。延長後半にはいってもマリオが決定機を外すなど、煮え切らない展開がつづく。4日前歓喜に沸いた臨海が、今日は静寂に包まれるのかー。そんな不安とどよめきをかき消すように、水野が弾丸ミドルを突き刺して勝ち越し。結局これが決勝点となり、やっとの思いで5回戦進出を決めることが出来た。

 4日前の決勝戦で相当の消耗をしいられ、体力的な懸念は試合前からあった。実際、今日はガンバも延長戦に突入し、さらにPKまでもつれこんでいる(後半、そして延長後半にロスタイムで追いつき、先日苦杯をなめたPK戦をものにしたガンバ。敗戦を糧に強くなっているのだろう)。しかし対する甲府もリーグ戦から中2日で遠路乗り込んできているし、やはり胸を貸す立場で負けるわけには行かない。今日の試合は内容で言えば褒められたものではないかもしれないが、結果というかたちで帳尻を合わせたチームをまずはねぎらっておきたい。リーグを考えたらここでの消耗は痛いが、リーグ戦逃げ切りをはかりたいガンバも、昇格を掛けた戦いを控えた甲府も同じこと。あとに控えた試合の心配をするより、目の前の試合にひとつずつ勝っていくことが大事。3冠を口にしたのは冗談とは言ってほしくないし思いたくもない。それを実現するためには、これから二ヶ月間のすべての試合に勝たなくてはいけない。初タイトルはゴールではなくスタートラインであって、チームはこれからも挑戦し続けなくてはいけない。だとしたら、あと10試合を勝ち続けるというのは良い試練だ。ひとつずつ、勝利を積み上げて行こう。
 「夢を見ることは禁じられていない。そして夢から覚めてもいけない」とオシム監督は言っていたじゃないか。
スポンサーサイト
2005/11/09 23:25  JEF Unitedtop▲

コメント

試合の映像を全く見てないのですが、内容的には良くなかったようですね。
自分のことを棚に上げて言うのは忍びないのですが、2.813人は選手に不憫でなりません。。。
磐田戦は参戦するので今日の分と2試合分応援するつもりで頑張りますよ!
2005年11月10日 犬彦 URL
犬彦様
そうなんですよ!せっかく「聖地」臨海への凱旋なのに、応援にいけない自分がもどかしい!この鬱憤は必ずやフクアリで・・・
次節は絶対に負けられないヤマハ戦です。
皆の力を結集して、ぼっこぼっこにしてやりましょう!カップウィナーの力を見せつけましょう!人間力に犬笛を!
2005年11月10日 little spice URL
自分も臨海にいけませんでした。・・つか、その時間、会社で仕事してました(リアルタイム速報見ながら・・ですが)

大木監督のコメントは嬉しかったですね。ジェフをリスペクトしてくれるだなんて。
そのリスペクトの核心はオシム監督のメンタリティだとはいえ、うちの選手達が実際に試合でそのような姿勢で戦ってくれてるって・・嬉しい限りです。

いや、誇らしい・・・ですね。
2005年11月11日 khou URL
khou様
大木監督のコメント、当ブログでは残念ながら触れていませんが、男気を感じさせるかなりナイスなものでしたね。こういう風にお互いがリスペクトしつつ高めあうのが気持ちイイですよね。こそこそと人ん家の軒先で水を売るような事だけはしたくないものです。
2005年11月11日 little spice URL







管理者にだけ公開する

トラックバック

トラックバックURL : http://littlespice.blog13.fc2.com/tb.php/69-a07c3a88

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。