スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

鹿の両角に手を掛けるも、折れず

10/1 Jリーグ第26節
鹿島 2 - 2 千葉
得点者 【鹿】アレックス・ミネイロ 2 【千】佐藤 2

手に汗握る好ゲームでした。
勝ち点3は目前までせまり、手の中から滑り落ちていきました。
捨て身の攻防を繰り返し、両チームの選手が命を削って、
「どちらのためにもならない結果。サッカーにとってはいい試合になった」(オシム)という言葉が絶妙。これで首位とは再び勝ち点9差。順位は一つ上げたものの、好調セレッソに追い抜かれる羽目に。
NHK実況アナの「残された上位との対戦に勝ち続けることがそのまま自力での逆転優勝につながる」という言葉に一縷の望みをかけて、残り8節。
サポーターも命を削って応援したいものです。
スポンサーサイト
2005/10/02 02:58  JEF Unitedtop▲

コメント







管理者にだけ公開する

トラックバック

トラックバックURL : http://littlespice.blog13.fc2.com/tb.php/56-b8ae9fc9

ファンサカ第26節結果
いやはやもう最悪です。自己ワースト記録を更新しました。
2005年10月05日 へっぽこSEの一流への道
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。