スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

イエメン戦短評

AFCアジアカップ2011カタール予選 日本代表 vs イエメン代表
→ゲームサマリー(J's Goal)
岡田監督記者会見(J's Goal)

日本の攻撃で目立っていたのは岡崎、田中、駒野。特に駒野はアウトサイドからクロス、シュートと積極的で相手に遠距離からなプレッシャーを与えており素晴らしかった。今日のメンバーでは自然とボールが集まるのか、駒野に届く中盤からのスルーパスも良質のものが多かった。やはり今日のサッカーではサイドバックが攻撃の起点になることがゲーム支配の要点の一つ。

失点シーンは青木が見事に振り切られてしまった。スクリーンプレイで距離を取られ、大股で二度行われたダミーの動きに完全に体2つほど空けられた。相手フォワードのこの動きは参考にしたい。

大歓声で迎えられた巻であったが、岡田監督の意図(記者会見コメント(J's Goal))とは裏腹に良質なクロスボールの供給量が減りシュート機会に恵まれず。ただし投入直後のヘディングは相手に十分な脅威を与えただろうし、二点目のシーンで田中がどフリーで抜け出せたのも巻へのマークに人数がかかったおかげ。ただし彼の良さは前線でのプレスとエリア内での献身的なプレー。これはある程度相手にもボールを支配する意識があるときにショートカウンターという形で最大限生かされるのだと思った。今日のような遅攻中心の対戦では、やはりクロスボールだけでなく、ペナルティアーク付近でディフェンスを背負いながらごりごりと背中で押し込むようなポストプレーもこなせると時間空間ともに作り出すことができるのになあと思った。

巻が高さアピールも無得点/アジア杯予選(ニッカン)
熊本出身・巻に地元の大声援/アジア杯(サンスポ)
熊本出身の巻に地元の大声援(スポニチ)

それにしても今日の乾のような自慰行為は二度と見たくない。
スポンサーサイト
2009/01/21 01:49  |Sportstop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。