スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

紙面より

鹿島・中後の千葉移籍はレンタルで決着(スポニチ)

すでに公式でリリースのあった中後の加入ですが、完全ではなくレンタルで決着した裏にはこのような背景が。ジェフ側が移籍金をいくら払うつもりがあったのかということについては推測の域を出ませんが、クラブの身の丈以上のものは出せないでしょう。むしろこの記事を見る限り鹿島のこだわりは金額ではなくてレンタルにあった模様。これについての功罪を考えると、ジェフ側にとっては現在鹿島と契約が残っている状態で保有権を買い取るのに比べて契約が切れる来年以降完全で獲得する場合には移籍金が相対的に安くなることが期待できる、ということでしょうか。むろん鹿島が再度移籍に応じなければなりませんが。鹿島としてはここまで育成した選手を簡単には手放せないというか、充当できる他の選手の出現がなければ返却を要求できるわけですから一種のリスクヘッジになります。加えて言うなら、これは選手本人にとっても怪我などでレンタル先で評価を固められなかったときは古巣に戻れる、というリスク保証になるのでしょうか。まあもちろんそれに甘えるようなら最初から移籍など、という見方もできますが、短い選手生命ですからかけられる保険は掛けておきたいのが人情。実際に怪我したマルキを手放さざるを得なかったジェフと、復帰させて大輪の花を咲かせた鹿島には、選手マネジメントの部分で大きな隔たりがあるのではないかと思っていたのですが、クラブの根幹に選手に対するこういう親心があるとすると、それもうなずける話です。やはり長年君臨するクラブには見習うべきところもあるのですよ。まあ好きなクラブではないけど。


千葉がグルノーブル伊藤翔獲得に乗り出す(ニッカン)

中後獲得に浮かれていたら、思わぬところから日本人獲得の噂が浮上です。中後獲得を先んじて報じたニッカンから。まあ大島や我那覇に振られたまま国産フォワードの補強をやめてしまうとは思っていませんでしたが、方向性を変えて巻の後継者探し、と言ったところでしょうか。素材としては十分将来性を見ることはできるんじゃないでしょうか。ただしJに見向きもせずに海外デビューした「逸材」ですから、近い将来海外への流出は覚悟しなくてはいけないでしょうけど。今年は新人も採らないみたいだし、年齢的には新人枠、と思って好さそう。もちろん移籍金や年俸は買いたたかないとね。結果出してないんだし。

それにしてもこのニッカンの記事、外人FW獲得を封印というくだりが気になりますが。記者の妄想であってほしいですが。今の体制では巻が代表にとられたときの代役として同じタイプのフォワードがいませんからねえ。新居や深井、孝太でまわすにはチームの戦術を変えなくちゃいけなくなります。去年のレイナウドの起用法をみても、「巻の控え」という存在は不可欠。代表イヤーの今年、巻の控えがいないのに外人枠を空けて開幕に臨もうという余裕はないはずなんですけどね。

こりゃサポコミで大きな突っ込みどころになりそうだw

スポンサーサイト
2009/01/17 11:37  |JEF Unitedtop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。