スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

立石引退

立石智紀 選手 現役引退のお知らせ(ジェフ公式)
立石が引退 第2の人生はスタッフとして(スポニチ)

 公式には本人コメントあり。泣かせます。われらがスポニチは各紙が淡々と引退の事実のみを報道するなかで大阪遠藤選手とのPK戦歴についても触れており、スポンサーの面目躍如といったところ。
 来るべき時が来たと言いましょうか。いつの時も別れはさびしいものですが、16年にわたってジェフを支えてきた守護神が引退を発表しました。数々の名シーン、好セーブを見せてくれた立さんですが、やはり圧巻は2005年ナビスコの決勝のPK戦でしょうか。そしてイビチャ時代のレギュラー奪取と、その陰にあったたゆまぬ努力の精神は、そのままジェフというクラブの精神に投影することもできるのではないでしょうか。控えに甘んじながらも淡々とトレーニングを続け、いついかなる時でも最高のパフォーマンスを見せた男。公式の引退のお知らせページにみられる彼の通算成績が、彼の人柄そのものを表しているようでもあります。今後はクラブスタッフとしてチームに残るとのこと。彼のように不撓の精神を持った選手を、今度は彼自身の指導によって何人もジェフのために育ててほしいものです。

 それにしてもジェフで引退した選手って、江尻以来?立さんもまだまだやろうと思えばできたでしょうに、引退の場にジェフを選んでくれた、というのも泣ける話ですよね。
スポンサーサイト
2008/12/27 18:31  |JEF Unitedtop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。