スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

行く人たち

奇跡の残留からまだ何日も経たないのですが、来季に向けてチームは動き始めています。ここ数年の、もしかしたらシーズン中の連敗よりも苦しい思いを我々サポーターに強いてきたストーブリーグとは様相が違い、今年は草刈り場などということにはならなそうです、今のところは。そんな中、クラブ側からは来季の契約を結ばない選手の名前がぽつぽつと発表されています。

楽山孝志選手の移籍について (ジェフ公式)
中島浩司選手の契約について (ジェフ公式)
レイナウド選手の契約について (ジェフ公式)
朴 宗真選手の移籍について (ジェフ公式)
根本裕一選手 期限付き移籍 期間満了のお知らせ (ジェフ公式)
結城耕造選手の契約について (ジェフ公式)
選手契約満了選手のおしらせ (ジェフ公式)

また、どうやらこの冬日本を去ることになりそうなわれらが御大からはこんなメッセージが。
まあ大なり小なり予想された内容ではあります。

レイナウドはジェフをJ1に残すPKを決めてくれたし、最終節の頑張りをみるともっと一緒に戦いたいと思わせる選手ではありますが、なにせ外人枠を一つ埋めるには決定的な仕事が少なすぎた。厳しいことを言うようですが、「やればできる子」は「いつ何時もやってくれるわけではない子」という意味ですから。とくに特別枠を割くのは、「いつもできる子」であってほしいので、客観的に見ると及第点は与えられないのだと思います。

楽山はサイドでの働きを評価されて広島へ。そろそろ勝負がかかってくる年齢ですから、心機一転頑張って。うちとやるときは坂本隊長に狙われないように。

今回フロントとしてもいちばん悩ましかったのは中島選手ではないでしょうか。彼はオシム時代に阿部やストヤノフの代役を務めた男です。またリベロとして時に恐ろしい攻撃センスを突如披露するなど、目が離せない選手でした。一方で安易なミスから信じられない失点シーンを演出することもあり、評価が二分される選手でもありました。安定感を求められるポジションでのピーキーなパフォーマンスが、彼の最大の特徴であり弱点であり長所なのかもしれません。いずれにせよ、彼のようなまじめでユーティリティあふれるプレイヤーであればどこかからは声がかかるとおもうし、がんばってほしいと思います。

結城はさまざまな憶測が飛び交っていますが、おそらく広島が拾ってくれるんじゃないでしょうか。移籍金をかけずに双方に必要な選手(こっちへのバーターは戸田選手でしょう)を交換する円満な人事交流をねらっての契約満了でしょう。

その他の選手も、可能性を秘めた人たちであると思います。
新天地で、活躍してくれることを祈るばかりです。


そして、オシムさんの言葉。やっぱり、気にかけてくれていたんですねえ。
しみじみと、人と人がつながって仕事をしていくことの意味を感じます。
思えばいろんな人間ドラマがあったなあ、と。

スポンサーサイト
2008/12/14 00:56  |JEF Unitedtop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。