スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

アホにつける薬はない

柏アレックスの頭に鹿島の応援旗直撃!…J1第25節



 これは立派な犯罪ですよね。
 どうも直前の小笠原の負傷退場が感情面で作用したみたいですが。
選手同士の接触はサッカーでは想定内であり、選手及びクラブは負傷のリスクを込みで契約しているわけで、負傷によって選手としての稼働期間が短縮されてもそれを負わせた選手には当然社会的ペナルティは発生しません。自分の体をリスクにさらすという点ではお互い様だから。

 でもこの旗の主は、明らかに試合進行上の必要のないところで、故意に、対戦相手を狙っています。さらにはそれを繰り返し行っていますね。これは試合運営上は妨害行為であり、個人レベルでは暴行であって、スタジアム内だって治外法権があるわけじゃないですから、日本の法律で逮捕、これが妥当だと思いますけど。
 ついでに言えばこの旗の主は客席という不特定多数の一員になりすまし、さらに選手が抵抗や報復の手段を持たないことを認識して、つまり、自分は絶対に攻撃されない立場から選手に暴行したわけですよね。ここに強い憤りを感じます。

 今シーズンは一部の暴力的な入場者のためにいくつかのクラブの品格が問われる事件が相次いでいますが、今回の当該クラブの団体はこれまで問題とされる機会も多いうえに、そのつどのクラブの対応もあいまいであり、そこの部分において大きないらだちを隠せません
 サポーター内の自浄作用に期待できるものが少ないのは全国の他のクラブのコア団体と地元の活動家さんたちの強いつながりを見ていればだれでもわかります。一般サポは何も言えない、せいぜいこうやってネットで意見を書くことしか。
 それをいいことにこういう手合いをのさばらせ、日本のサッカー文化を腐らせてしまわぬよう、協会、リーグ、クラブ、スポンサーなどは毅然たる態度で臨んでほしいものです。

 協会にできること・・・
犯人および幇助者の特定と全国スタジアムの永久入場禁止
チケット購入の禁止(転売ももちろん禁止)

 リーグにできること・・・
暴力行為が起こった時点で相手チームの勝利を認定、または試合を没収
犯人および幇助者の特定と全国スタジアムの永久入場禁止
チケット購入および売買の禁止
当該クラブの国内外公式戦出場禁止
当該クラブの勝ち点剥奪または降格(相手チーム選手への故意による暴行は重く見るべき)
当該クラブサポーターのアウェーゲーム入場禁止(犯人だけでなく全員)

 クラブにできること・・・
今回の件に対する分析と反省と謝罪ならびに再発防止策の表明
犯人および幇助者の特定と全国スタジアムの永久入場禁止
チケット購入および売買の禁止
有期限でのリーグ参加辞退
アウェーゲーム時にサポーター入場自粛、相手クラブに対しアウェー席数分の入場料の補償

 スポンサーにできること・・・
クラブへの指導、ならびに要請、企業理念の提示と確認
資源提供の可否の検討


 一件の処置としては厳しいものとも思われますが、今年度のJリーグが抱えた問題を前にして今回の件の落した影は大きいと思います。また度重なる入場者による暴力問題はJリーグそれ自体が解決しなくてはならない社会的責任能力の欠如によるものと考えざるを得ません。もちろん今回の件は当該クラブにとっても痛手ではあるでしょう。しかし暴力的入場者の排除のためには、暴力行為がクラブにとって物理的に損失であることをあきらかにしなくてはならないと思うのです。暴力的入場者が周囲から切り離され擁護されなくなり隣人から爪はじきされるようにならなければ、彼らはさらに潜伏し拡大し蔓延するでしょう。

 Jリーグの将来のために。また、願わくば我がクラブの周囲に彼らのような怪人がいませんように。

スポンサーサイト
2008/09/21 14:23  |JEF Unitedtop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。