スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

貪欲さが足りない

2008年Jリーグディビジョン1 第14節
FC東京 1 - 1 千葉
得点者:(東)佐原 (千)レイナウド

 負けに等しい引き分け、と言わざるを得ません。

 試合開始早々に(珍しい)今野の退場でPKのみならず数的優位を手に入れ、上位相手に願ってもないハンディキャップを頂戴したにもかかわらず、そのPKを決められぬばかりか、数的優位を活かして相手を封じ込めることしか出来なかったのは、両者の現時点での実力差もさることながら、いわばモチベーションの違いが如実に出た結果と言えるでしょう。
片や優勝を意識するチームと、片や残留を願うチーム。どちらにとっても勝ち点を積み上げたい状況は変わりがないのですが、この日、より前を向いて戦っていたのは前者だったと言うことでしょう。

 上位相手にアウェーで引き分け、勝ち点1を死守するのはリーグ戦の戦い方としては間違っていません。しかしこの日のような千載一遇のチャンスを勝ち点3につなげられるかどうかは、まさにチームとしてしなくてはいけないことをわかっているかが問われるのではないでしょうか。上位相手の守備的布陣とは言え、数的優位にたった時点で相手に主導権を与えず自由にサッカーをさせない戦い方をチーム全体として遂行すべきだったのに、前半はまったくそれが出来ていませんでした。セットプレーで相手を一人余らせ、先制を許したのはその象徴ともいえるシーン。ベンチで見ていた巻からは、こんな辛辣な言葉も。

 後半に入り運動量が落ち、さらに負傷者の治療で人数が9人に減った東京相手に何とか1点を返し、当初の予定通りの勝ち点1を確保することは出来ましたが、なんとも残念な試合となってしまいました。

 スタッツと分析、コメントはこちらから。→ジェフ公式 →J's GOAL

 なお中断期間の終わりに大分から根本を獲得しています。4バックシステムに欠かせない運動量のあるサイドプレーヤーとして、期待が集まります。練習合流は今日からの模様。


スポンサーサイト
2008/07/01 12:38  |JEF Unitedtop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。