スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

最近のニュース

オシム氏「ベンチ座りたい」来年にも復帰(ニッカンスポーツ)

 うーん。「私が何者であるかを忘れないために、サッカーの試合を見に行き続けた」のくだりは、さすがとおもいますがね。しかし現場復帰を周りが待望するのは酷な気がします。
病前の体制ではご本人の健康面での不安をサポートしきれていなかったことが露呈していたわけですし、それが一つのクラブならまだしも、一国のサッカー協会における不手際を見せられた後では、この生ける世界遺産を日本で保持するのは不遜な申し出ではないかと思ってしまいます。本人が日本という国を愛し、まだ日本のためにやり残したことがあると本心で言ってくれるなら、彼の好きなことをできるように最大限のサポートはすべきとは思いますけど。
 それにしても、公の場とはいえここまで日本に対する熱意とサッカーに対する愛情を示してくれたこともうれしいですし、かの国民的英雄(栄光の三番の人)と同じような役回りを世間がこのボスニア人に示しているようですこしうれしい。やはり、愛すれば愛されるものなのか。

結城耕造選手の期限付き移籍について(千葉公式)
戸田和幸選手の移籍加入について(千葉公式)

 イビチャオシム時代の躍進を支えたセンターバック、ゴリゴリのドリブルでおなじみの結城が移籍。自分と同年代の選手には自然と愛着がわくというもので、少しさびしいです。移籍先は広島、イリアンと二人で堅守を支えJ1昇格に貢献してほしいです。
 交換で入ってくるのは、かねてから噂もあった戸田。トルシエ時代の象徴、ハンタータイプの守備的MFという印象が強いです。よく考えたらこの人はプレミアリーガーなんだよね、ということでミラー体制に早急にマッチしてくれることに期待したい。トルシエのようなディシプリン(規律)重視の組織的守備を好んだ監督のもとで台頭した彼なら、今のジェフにとっては重要な戦力になるのではないかと。CFや守備的MFの層が決して厚いとは言えないところですから、本来なら高価な外国人選手を補強したくなるところですが、経験と実績のある戸田を連れてこれたのは適材適所の補強と考えたい。戸田の所属チームには嬉しくないジンクスがあるようですけど、今のジェフに失うものは何もないでしょう。

 週末はフクアリ参戦の予定。予選勝ち抜けのかかったナビスコカップ、相手は川岸、じゃなくて山崎、じゃなくてなんだっけ。

スポンサーサイト
2008/06/05 21:20  |JEF Unitedtop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。