スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

久々の、フクアリ。

2008年Jリーグディビジョン1第13節
千葉 1 - 0 大分
得点者:(千)谷澤

810731460_211.jpg

ビッグフラッグを見ると、心が踊ります。
ああ僕はやっぱりこのクラブ、このスタジアムが好きだ。
大好物のサマナラのタンドリーチキンも、ご無沙汰でした。
DCSA0008.jpg

試合内容はこちらからどうぞ。谷澤と新居の両サイドはかなり機能していたように見えました。斉藤大輔のボランチは二戦目にして十分な安定感を感じさせました。後半はだいぶ攻め立てられましたが、最終ラインの4人、特に池田昇平とエディ・ボスナーの二人がよく持ちこたえていました。

とにかく久々のフクアリで感情的に観戦してしまったので、細かいところは覚えていないのですが、守備に関しては常に相手のボールホルダーよりも後ろに人数をかけて、迎える体勢をしっかり作るという点が徹底されていたように思えました。長くマンツーマンディフェンスを取ってきたジェフですが、監督交代でゾーンシステムへの移行が図られているのでしょうか。一部で相手のキーマンを捕まえきれていない場面もありましたが、その後の展開でボールを受ける選手が抜け出すスペースを与えないあたり、ゾーンとしてまずまず機能しているのかなといった感想。攻撃面では先制点を奪ったようなサイドでの粘りから決定機を何度か作ることに成功していたのが印象的。とくに一旦サイドに開いてから大きく開いた中央に戻して斉藤の強烈なロングシュートまでつながった攻撃は素晴らしいスペクタクルでした。セーブした西川は賞賛ものでしたが、記憶に残るゴールを逃した斉藤には次節以降もビッグチャンスを狙っていただきたいものです。

これでJリーグはしばらく中断。ナビスコの予選リーグの残り半分を消化しながら、再開までに組織の完成度を高めて、三連勝!と行きたいところです。
スポンサーサイト
2008/05/19 00:35  |JEF Unitedtop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。