スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

たつまき

東アジア選手権
 中国 2 - 2 日本
   得点者(中国)リー・ジンユ、ジャン・ヨンハイ
 (日本)茂庭照幸、田中達也
 
 東アジア選手権は2試合を消化して早くも日本の優勝は無くなったわけです。
 この大会に関して思うことをいくつか。
 まずは現体制以来初めてといえる「Jリーグでの現行のパフォーマンスを重視した」人選によりサブチームが編成され、コンディション不良の主力組にかわり出場し遜色ないパフォーマンスを見せていること。左サイドのバックアップとしてはかねてより待望論のおおかった村井慎二がついに代表デビューを飾り、積極的かつ正確なクロスボールで左サイドからゴールまでのつながりを認識させるゲームメイクに貢献しました。意図不明のプレーが目立つ現主力の左サイドよりは遥かに有望ではないでしょうか。さらに高原不在の代表に有ってターゲットマンとなれる大型FWの巻誠一郎。彼の高さ、果敢なコンタクトプレー、献身的なプレスは粗削りながらこれらを兼ね備えるFWは永らく代表に居なかった気がします。FWの軸として期待。早く初ゴールが見たい!他にも、中国戦で2点にからむ活躍を見せ、世界水準を遥かに凌駕するといわれるフリーキックも持ち合わせた阿部勇樹。対照的に献身的なプレスとハードマークで相手中盤に仕事をさせない「クラシック」ボランチの今野泰幸。あと一応点取ってるし田中達也。アテネ世代(+1歳)の選手が最初はバックアップでもこうして試合に少しずつでることでモチベーションを高目つつ、じょじょに結果を出して主力の座を虎視眈々と狙っていく、健全な競争構造がようやく垣間見えて来たので有りました。いままでの代表と来たら、ネームバリュー先行でクラブでの現行のパフォ-マンスなんて観ないで呼んでくるものだから観ててもJリーグの方が面白いなんてこともしばしば有りましたよね。

 そして、露呈しつつある戦術面・戦略面での稚拙さ。就任当初から攻撃面では選手の自主性と創造性に任せると発言していた指揮官ですが、守備面で何か具体的な指標を打ち出しているかといえばそういうことは無いようです。チームとして最低限の決めごとが徹底されていれば、主力・控えや古参・新顔の間でも有る程度の意思統一は出来るのでは無いでしょうか?また時間帯や戦況に応じた戦術選択にしても、やみくもなFw投入で練習していないパワープレイを試みては失敗し、揚げ句新顔選手には「パワープレイの練習をしていないから合わない」などと言われています。チームとしてリードを許し点を取りに行く場面の想定が出来ていれば、少なくともこの数年来言われている決定力不足のチームが数のバランスを崩して攻める状況や中盤の支配力を増して試合を支配する状況に備えないはずが有るでしょうか。あるいは戦況に応じて守備陣の人数を増量できるようなオプションを組み込んだり、複数のフォーメーションを最初から準備していれば、「絶対に負けられない戦い」であったはずの最終予選で陣形論争などに陥るような事は避けられたのではないでしょうか?長期的な戦略も、試合の中での戦術も、この3年間で明確なものを打ち出さないままメンバーとチームの力は飽和して代表は見どころのない試合を繰り返してきました。
 現在の指揮官に何かを求めることはしませんが、次の人選の際には協会関係者各位には良く考えてもらいたいものです。よりロジカルにサッカーを知っている人。寝る間を惜しんでサッカーのことを考えている人。年に何回も母国に帰らなくても我慢できるヒト。億単位の年俸を払うなら、やはり日本サッカーの進歩に投資したと思えるものがいいと思いますが。
スポンサーサイト
2005/08/06 04:38  Sportstop▲

コメント







管理者にだけ公開する

トラックバック

トラックバックURL : http://littlespice.blog13.fc2.com/tb.php/28-cb657e3a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。