スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

夕焼けに叫ぶ無力感

2007年 Jリーグディビジョン1
第17節
千葉 1 -2 新潟

得点者:(千)羽生(新)矢野、内田

まあ試合内容は置いておいて。
この日フクアリを埋めた1万5千の大観衆(これでも
は、アウェーにおける新潟の動員力を差し引いても、
下位に甘んじるチームのそれとは思えぬ熱気を孕んでいました。

その理由は、間違いなく一人のブルガリア人に対する思いの集結でしょう。

試合が終わり、敗れたチームへのねぎらいもそこそこに、
自然発生的にスタンドから沸き起こった、一選手への声援。

私もバックスタンド二階から声を枯らして叫びました。
私を含めて、叫んでいた人々の中には、
あの場でなんらかの解答が与えられるのを望んでいた人が多かったでしょう。

しかし、そのチャントに終止符を打ったのは、
名を呼ばれた本人でもなく、
彼を干し続けている監督でもなく、
クラブの停滞をただ放置するフロントの人間でもなく。

「ただの応援団体」を名乗る、同士のはずの道化。

統率をもたぬ集団は、一握りの意思をもった集団に仕切られ、
思いを乗せたチャントは、無駄に美しい夕焼けに消えました。

私たちの「思い」と、集団の「意思」。その乖離。
そんな乖離したフィルターを通してしか、自分の思いを声に乗せられないなら、
私はスタジアムには行かない。
負けた試合のあとのスタジアムに1時間も残ったりしない。

動員力に優れた団体が運営と共闘するのは何処のクラブでも見られること。
その見返りに多少の金品の移動があることだって、
褒められたことではないが、まあ現実的にはあるでしょう。

彼らの何倍もする席料を払ってみてると思うとやっぱり腹が立ちますけどね

それより許せないのは、あぐらをかいてそして怠惰な運営の犬になりさがっていること。
先陣切って戦えよといいたい。
個人レベルのサポーターの思いをまとめて具現化してクラブを大きくするためにサポーターとして何ができるかを優先しろよといいたい。
前線で旗を振り太鼓を叩くなら、利権を漁るなといいたい。
毎試合毎試合、圧倒的多数のホームサポーターの声をまとめ切れずにアウェーゴール裏の声の進入を許している自分らを見つめろといいたい。

なんでここでお前らに愚痴ってるんだよ。
お前らがしゃしゃったおかげで、本当に伝えたかった声が届かなかったじゃねえか。



 
スポンサーサイト
2007/06/26 01:59  JEF Unitedtop▲

コメント

初めてお邪魔致します。
サポ団体の人達ってタダで入っているのですか?
私はゴール裏で立って応援したいから毎年自由席ですが。友達はチームのためにメインも買っています。
初めて聞く話なのでショックです。
2007年06月26日 JEFと共に URL
>>JEFと共に様
大変申し訳ありません。
事実確認のとれない表現がありましたので、本文を訂正させていただきました。
2007年06月26日 little spice URL







管理者にだけ公開する

トラックバック

トラックバックURL : http://littlespice.blog13.fc2.com/tb.php/243-c7ff1c1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。