スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

一喜一憂、燃えよ焔

2007年 Jリーグディビジョン1

第14節
横浜 1 - 0 千葉
得点者:(横)吉田


第15節
千葉 3 - 2 甲府
得点者:(千)巻、巻、羽生 (甲)石原、石原


やっと勝ちましたが、懸念というより今期最大の危機が。
攻守の要、千葉のラストサムライことイリアンストヤノフが、
監督批判で謹慎処分。復帰の目処は立ちません。
「アマルが出るか、俺が出るか」
結果の出ないチームに対する、あまりに大きな楔。
亀裂が広がってチームがばらばらにならないことを祈ります。

個人的にはストヤノフが好きでたまらないので、彼には残ってほしいところです。しかし結果が出ていないとはいえ、監督に対する直接的な批判をマスコミに漏らすのはルール違反。彼ほどの人物がそれを承知でしたのにはそれなりの覚悟があってのことと思います。

今アマルをきったところで、状況を打開できる監督を連れてこれるかはフロントの手腕にかかってますが、正直現在のフロントにそれができるとも思っていません。

アマルの采配には疑問がつきませんが、一選手の発言で監督の交代が起こるというのは聞いたこともないし、組織のあり方としても疑問です。

重ねて言いますが個人的にはストヤノフこそ替えの利かない選手だと思いますし、ここで彼に抜けられるのは実情的にも心情的にもつらいです。

でもこんなときこそチームがまとまるようなポジティブな行動をとってほしい。それが欧州で経験を重ねた彼がチームに見せられる、フットボーラーとしての品格なのではないでしょうか。

仲間たちが必死にもぎ取った一勝が、彼の胸を覆った氷を溶かし、再び熱い魂に火をつけてくれますように。

スポンサーサイト
2007/06/19 00:02  JEF Unitedtop▲

コメント







管理者にだけ公開する

トラックバック

トラックバックURL : http://littlespice.blog13.fc2.com/tb.php/239-40d27f9f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。