スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

死ぬ気でやれ、とかwww

「さあこれで、ブラジルに勝たなければならなくなりました」
「コンフェデでは引き分けていますから、勝機は十分にあるでしょう」
知ったような顔でテレビが言います。
アホか。
勝たなくてはいけなかったのは緒戦。
今日の引き分けは当初の想定内。
今のブラジルが負けるとこ、みたことある人いますか?

まず今日は、
格上相手に何度も決定機を作られながらも
最後まで集中力を切らさずに戦った選手達に、
お疲れさまと言わせていただきます。

正直、クロアチアをゼロに押さえ込んだ奮闘は
予想以上の出来と言っていいと思います。

特に今大会の川口選手の集中力には目を見張るものがあり、
何度かの不運なシチュエーションを除けば
彼こそが日本代表の崩壊を防いでくれていると言えるでしょう。
日本代表の中にあって世界レベルのパフォーマンスを
発揮している数少ない選手の一人だと思います。
さて。

今日の怒りの矛先は川淵三郎です。
まず先日のオーストラリア戦のあと、何人かの選手に対して
「死ぬ気でやれ」と檄を飛ばしたとの報道があり、
個人的にはにわかに信じられぬと憤慨していたのですが、
今日の試合後のインタビューでも同じようなことを
半分笑い顔でのたもうており、
「ああこの人はきっと頭の病気にでもかかってしまわれたのだ、気の毒に」
と思わずにいられませんでした。

協会のトップとして、4年間ものあいだ
戦術のない愚鈍な代表監督を放任していたのは
病気だったから
でしょうね。
そしてここへ来て、選手に責任をスルーパスです。
いや、これこそ日本が世界に誇れるキラーパスです。

お前は死ぬ気でやっていたのかと。
ろくな議論もせずにどこの馬の骨かも分からない素人
監督に据えておいて。
ここまで結果をつないできたのは選手達のおかげじゃないか。
奇蹟的な優勝をおさめたアジアカップも。
不要に苦労したアジア予選も。
選手達はいつだって死ぬ気で戦ってきたんじゃないか。
代表を強くする努力を死ぬ気でしてこなかったのは、
協会じゃないか。

この期に及んで、死ぬ気でやれとか簡単に言うな。

あと監督。
試合の開催時刻について文句をいい、
テレビ放映のせいにするとか。
恥ずかしいのでやめてください。
もっと他にしゃべることあるでしょう。

そしてテレビ朝日様
試合直後で汗だくの選手を呼びつけて、
何様のつもりですか。
しかもそれをろくに流しもしないとは。
俊輔休ませてやれよ。体調悪いんだから。
それもCMで半分以上みれないじゃないか。
120000%自己満じゃないか。
お前らマスメディアのそういう無神経さが
無知な日本のサポーターをあおり、
怠惰な協会を増長させ、
日本の貴重なサッカータレントをスポイルさせるんだろうが。

ピッチの中のことについては、
あちこちで議論がなされるでしょうが、
上であんなことを書いたから
このブログも続けられなくなるかもしれませんので、
最後と思って言わせていただきます。

高原はドイツに髪を切りにいったんですか?
テレビになかなか映らないからよくわかりませんが。

柳沢選手、後半無人のゴール前でのナイスクリア
試合を左右する決定的な仕事で今日も印象ばっちりでしたよ。

あともう一人、名前が日本人じゃない人。
観光ビザが切れたら国に帰ってくださいね。
川口はあなたに「簡単にクロスをあげるな」って
何度も言ってたんですけど、日本語わからないからしょうがないね。
スポンサーサイト
2006/06/19 01:13  Sportstop▲

コメント

今気づいたけど、
高原は中盤の底で日本のチャンスの目を摘み取る作業を徹底していたんだな。
クロアチアのスリーボランチの前に
日本の攻撃がことごとくつぶされていたのは
彼の殊勲ってことだ。
2006年06月19日 little spice URL
川淵三郎とジーコは大の仲良しこよしですからね。
中田がチームのことを仲良しすぎて戦う集団にはなっていないと言っていたけど・・・もっと上の方(協会とジーコ)からして戦う集団にする気はなかったみたいですね。
しかも初戦に負けただけで監督を励ましに行くような協会は日本だけではないかと思われる。
精神論をやたら口にするジーコは自分自身に精神力が足りないのに気が付いていない。

ちなみに、このチームは中田と宮本がプレイングマネージャと言う世界にも斬新なチームでした。
2006年06月19日 だいす URL
ジーコ、散々言われてますね(笑)でもなあ、それは今更なのでは?買っても負けても監督の責任追及が
始まるのは恒例行事ですが。
昨日の試合は所詮よりずいぶん選手も本気になって(笑)、コンビネーションもよくなってませんでしたか? たしかにFWはね… PK食い止めた川口を誉めるより大チョンボの柳沢を責めたいよ 
でも僕が呆れたのは相手のクロアチア。正直、こいつらは絶対点を入れられんなと思って見ていました。あちらのサポーターも呆れて見てましたね 次の試合とは段違いのレベルでした 
2006年06月19日 usausa URL
心中お察しします。
2006年06月19日 meeya URL
いやーそのとうりですね。

柳沢の美学とやらに、賞賛を与えたいです。

美学とはね・・・

監督もよく柳沢を後半も使いましたよね。見てる人は後半は確実に柳沢がピッチにいないと信じてたのに。
2006年06月19日 sukiya URL
>>だいす様
温室育ちの代表では世界の壁は破れないのかもしれませんね。過保護過保護。

>>usausa様
クロアチアも日本と同様、勝ちの匂いのしないチームでしたね。

>>meeya様
かたじけない。

>>sukiya様
柳沢のプレーの影には動物愛護の精神が・・・
2006年06月22日 little spice URL







管理者にだけ公開する

トラックバック

トラックバックURL : http://littlespice.blog13.fc2.com/tb.php/134-4dcde3e1

事実上、終戦。
もう怒りと言う言葉しかない。こんな勝てる試合を落としているようじゃ、決勝トーナメントなんて夢の又夢。 今回の戦犯は宮本と...
2006年06月19日 たけちゃんのダラダラ日記
サッカーW杯 日本代表 vs クロアチア代表
率直に試合の感想を言えば「ふがいない日本代表」って感じ。 2対0で勝てた試合を落としたとしか思えない。 この試合に勝てない場合どれだけ苦しくなるか選手はわかっていたはず。 なのに試合終了後に何人の選手が力を尽くしきって倒れ込んだのだろうか。 リスクを冒さない
2006年06月19日 talc blog
日本、クロアチアとドロー
引き分けました。微かに、微かに決勝T進出に望みを残しました。物凄い消耗戦。クロアチアも疲れてたが、日本もドロドロでした。何時ものように、試合経過です。時間経過が逆です。下からお読みくださ
2006年06月19日 オークションとサッカーとビンボーの日々
日本vsクロアチア
今日のシステムは、4-4-2で攻撃的な布陣前回のオーストラリア戦の3-5-2よりかは機能していたけど・・・宮本がファールしてPKになった瞬間に今日は終わったと思ったが確変中の川口にネ申が宿りスーパーセーブ!やはり、
2006年06月19日 blogはじめました
キーパー川口能活
W杯2006FIFAワールドカップドイツ大会日本代表vsクロアチア代表戦ゴールキーパー川口能活選手がPKを止めました。でもキーパー川口能活選手が目立っているようでは日本代表危うしです。【エポック社】日本代表チーム バージョン・ミニストラップ(BOX)ジーコジャパンメンバ
2006年06月19日 Various reports etc.
日本W杯:クロアチアとドロー
後のない日本、まず前半3分に相手ゴール右そばで中村君が倒されFK、そのボールはゴール前にこぼれたがクリアされ惜しいチャンス。続く前半17分に加地君がオフサイドラインぎりぎりで相手DFの裏を抜けて絶妙のセンタリングも、高原君にタイミングが合わず惜しい展開。
2006年06月19日 時評親爺
なんとか引き分けた・・・
ワールドカップ2006ドイツ大会(一次リーグ:グループF)日本 0ー0 クロアチア胃が痛い試合でした・・・日本にも決定的なチャンスが少なくとも2回はあって、FWがそれを決められないのは(毎度のこととはいえ)返す返すも残念ですが、今日はファインセーブでPKを止めた
2006年06月19日 ミステリ通信「みすみす」blog
◆代表クロアチア戦、虚脱感は免れたけど爽快感はやはり無理だった。
まさにこれが決定力不足。 本当に決定力不足が露呈した試合だった。 代表選手には失礼って事承知で言うけど、 決定力不足の集大成の様な試合。 こんな総決算、見たくなかったな。 虚脱感は免れたけど、爽快感はやはり無理だった。 オーストラリア戦に感じた失望のお陰で、最
2006年06月19日 2006ワールドカップ観戦記
日本-クロアチア
日本-クロアチア さてサッカーワールドカップですが、日本はどうだったでしょうか。 日本前半途中から、クロアチアに攻められつづけていました。よく引き分けで終わりましたよ。結局クロアチアも決定力不足でたすからりましたからね。 前半のPKを川口が防いでくれて、なん
2006年06月19日 サッカーワールドカップ2006奮闘記!!
ブラジルと戦える幸せ
 すでに皆さんご承知のことだと思いますが、19日に行われたワールドカップ(W杯)・グループリーグ第2戦において、日本はクロアチアと対戦しスコアレスドローに終わりました。この結果、日本は2試合を終えて勝ち点1を獲得するにとどまり、2大会連続の決勝トーナメン
2006年06月19日 24時間蹴球宣言
生き残りを懸けた戦い まもなく!
 いよいよ日本時間の18日22時、日本対クロアチアの一戦が始まります。ともに初戦を落とした両チーム同士の生き残りを懸けた戦いです。  日本がこの試合で敗れた場合、日本時間の19日午前1時開始のブラジル対オーストラリア戦で、ブラジルが勝つか引き分けると、日
2006年06月19日 24時間蹴球宣言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。