スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

As U Like #2 @ 茶箱

IMG_2089.jpg

来てくれたお客さん、本当にありがとうございました。
全員とゆっくりお話する時間はなかったけど、それぞれに楽しんでいただけたでしょうか。作り手側からすると、この規模としては非常に高いレベルで「楽しい」イベントになったという自負が第一にあります。お客さんたちの楽しみ方がすばらしく、思い思いに、お気に召すまま踊り、騒ぎ、飲み、語らい、そして脱いでいただけたように見えました。
..続きを読む
スポンサーサイト
2008/04/22 00:30  |Musictop▲

ついにこの日が

来ました。
任期満了に伴う代表取締役人事について/ジェフ公式

とは言ってもこの数年のていたらくに対して任期満了を待っての交代なので、試合成績およびサポーターの支持に対する責任の所在が首脳部を含まない現場に集約されるクラブの体質という点では今のところ改善を見たとは言えません。交代人事も親会社の意向によるものであり、派遣元に変化は見られたものの、抜本的な変化を期待するにはまだ早急と言えるでしょう。

しかし消費者に接点を持つJR側からの人事という点ではサポーターへの還元(もちろん物理的ではなく精神的な)、サービスの向上を期待することはできます。もちろんこの点において現時点で社長個人の背景や考えがどれほど直接的に作用するか、そういったシステムを内部構造としてこのクラブが持ち得ているかは慎重に観察しなくてはなりません。

当方としては今回の人事交代はあくまで予定されたものでありクラブの現状に対するカンフル剤的な、あるいは過去のサポーターの悲哀/精神的損失に対する回復策として見ることはできません。

しかし一方で、消費者としての態度を硬化せざるを得ない直接的な原因、負の感情のシンボルともなっていた代表取締役の交代という節目をもって、今後再び消費者として積極的にクラブと向きあっていく一つの転機としたいと思うところです。

フクアリ~いくぞ~
2008/04/16 00:25  |JEF Unitedtop▲

福岡

年度末の木曜から、一年の成果を発揮するために福岡へ。
もちろん仕事で行ったわけだが話はオフの思い出を中心に。
DCSA0370.jpg


一日目
宿をとったのは西鉄大橋駅から徒歩1分のビジネスホテル。
到着して落ち着いたら23時過ぎだったので、どうしようか迷ったがせっかくだからと近隣を徘徊。
居酒屋スタイルも選べるラーメン屋、「麺屋 達」で一杯。ラーメンにビールを頼んだ時点で、しまったつまみを先に頼めばよかったと後悔。あわててあとから豚の下がり(油で炒めたもの)を追加。焼酎は芋をチョイス。すぐに気付いたけど、本場の九州ラーメンて高菜とか明太子とかのオプションがないのな。あとやっぱり麺はバリカタにすればよかった。なんにしても一人で旅先でいただくご飯はもの恋しくていかん。

二日目
早朝から仕事に出たこともあり、昼はゆっくりとることにした。で、ラーメン(笑)。九州ラーメン総選挙で栄えある一位に輝いた、ラーメン四郎へ。昨日の達もそうだが、関東人のわれわれがイメージする博多とんこつとは少し違って、もっと複雑でマイルドな味わいを感じた。
DCSA0366.jpg

関係ないけどこの店はカウンターに2×2×2マスのルービックキューブがあって、ラーメン待ちの間にちょうどいい。ノウハウを知らないと数分ではできないようだ。こちらがラーメンを食べている間にあとから入ってきたにーちゃんが片っ端から揃えていきあっという間に店中のキューブを片づけてしまったので噴きそうになった。

夜はこちらに来て二年になる高校の同期が招待してくれた寿司屋へ。ビールと焼酎と昔話と積もる話と将来の話で酩酊する。地の幸をふんだんに使ったもてなしにほろりと来た。

家庭を持つ親友と別れた後、おもむろに天神駅へ向かい、クラブビップの福岡勢に電話をかける。集まったのは錚々たる4名のクラビッパー。天神の居酒屋で大いに盛り上がる。いや九州の人たちは本当にあたたかい。夜遅くの招集に快く応じてくれてありがとう。馬鹿話に付き合ってくれてありがとう。お酒と肴をご馳走してくれてありがとう。ド派手なチェックのパンツと赤白の水玉と白黒縞々のコート(しかもポケットにはぬいぐるみ、のようなもの)で来てくれてありがとう。
DCSA0365.jpg


三日目
正直頭が痛いが、この日は福岡に来た最大の目的となる仕事があったので元気に朝から活動開始。昼前には疲れもピークになっており、やはり長めの休憩を取ろうと抜け出す。同僚と二人で中州のもつ鍋屋へ。ここはふらりと入った割には大当たり。大体がして昼からもつ鍋を出してくれるところが少ないので、この店のクオリティで昼から食せるのは貴重と言わざるを得ない。
DCSA0364.jpg

夜は上司と会食、取引先の現地地所から情報を入手したという周到なセレクトで完全に上司のエスコートを受ける。まあ全体が褒美のような出張であるのだがこの店はすごかった。再度立ち寄れる日が来るのだろうか。生まれて初めてクエを頂いた。感動。

メッセやミクシで教えてもらった店は結局全く行けずじまい。またの機会を待ちます。それにしても福岡人のなんと郷土愛にあふれつつ旅人に暖かいことか。郷土愛なく、旅人には無関心な関東人が普通に思えていた自分にとってはそれが最大の感動であり感銘であった。これは彼らやその仲間、あるいはまったく他の地域から今回の自分と同じ立場の人間が来たときに返してあげねばなるまい。

四日目
ゆっくりとチェックアウトして空港へ直行。土産の選定に専念。
だれもがまた訪れたいと思うであろう町、福岡。また会う日まで。
DCSA0362.jpg
2008/04/01 01:51  |Tripstop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。