スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

ビーチサッカーでもなんでもいいけど

2006 Jリーグディビジョン1 第16節
千葉 2 - 3 名古屋
得点者: (千)巻、佐藤 (名)ヨンセン、金、ヨンセン

久々のホーム観戦。
真夏の間隙をさすように冷たい風の吹くナイトゲーム。
スタンドは肌寒かったが、内容はもっと寒かった。

 開始早々よりボールがつながらないジェフ。確かにグラウンドは雨の影響かシーズンまだ半ばというのに荒れていた。そのためかグラウンダーのパスがなかなか選択しづらいのか、中距離のパスを選択しては受け手に合わない、また受け手側も創造力に満ちた動きを披露できず、効果的なパスを呼び込むことが出来ない。
 お互いに中盤を支配できないいらだたしい前半のなか、徐々にペースを掴んだのは名古屋の方であった。前半終了間際に珍しく中盤から繋がったパスが左サイドをえぐり、上がったセンタリングは新加入のヨンセンの頭にぴたり。またしても、落としてはいけない時間帯に落としてはいけない先制点を許すジェフ。

 後半立ち上がり、今度はジェフのパスが繋がり始める。サイドを駆け上がった水野からのクロスは、ニアのハースを飛び越えて、ゴール正面でフリーの巻へ。「適当に足を出した」というにはまとも過ぎるあたりのボレーが炸裂し、ジェフ同点。
 さらにジェフは一気呵成に攻め込み、一分後には巻のエリア内での落としから、「一試合に一度は攻め上がるチャンスを狙っている」という勇人の強烈なミドルがゴールネットを揺らした。
 待ちわびたホームチームの活躍に、フクダ電子アリーナは、沸いた。

 しかし。今日のジェフはここまでだった。

..続きを読む
スポンサーサイト
2006/07/30 23:03  JEF Unitedtop▲

Pirates of Carribean / Dead Man's Chest

見てきましたよ。
ええ。見てきました。
感想?面白かったですよ。
あと何ですか、封切り直後の話題作を見に行くと
映画館にはいろんな人がいますね。

前作?まあ、見て行ったほうがいいと思いますよ。
この手の続編にありがちな小ネタも満載でしたし。
前作見てないとわからない展開上の重要な要素もありましたし。

見せ場?うーん、南の島で花びら大回転、ですかね。
ストーリーなんて単純でいいんです。娯楽作ですから。

次回作?見ますよ、何気に。好きですから。
2006/07/30 23:01  Goodstop▲

定番とは?

昼間のClub VIPで、定番についての質問があったので。
定番なんて、究極的には最大公約数的なものになってしまうのだと思うけど。
少しだけの逸脱が赦せれば、そこに集まった「定番」たちは、
心地よい安心感と一体感を演出してくれる。

こんなリストも、たまにはありだね。
2006/07/26 00:58  Musictop▲

霞ヶ浦にて

月に一度、時間の感覚がゆっくりになる出張。
くたびれた卓上テレビがくだらない民放のバラエティを垂れ流すから、
いっそ無音の方がいいとスイッチを落とす。
窓の外には水と風の音。
鬱陶しい(そして臭い)虫たちの多い季節でなければ、
もう少し良かったのに。
自分の周りも、そして世界もめまぐるしく回り過ぎて
いつの間にか苛立たしい静電気に帯電していることにすら気が付かない。
そんな毎日を中断するかのような、
少し不便だけどそれはそれで心地悪くはない、
僕なりのスローライフ。
2006/07/24 02:59  Otherstop▲

HAPPY BIRTHDAY, CLUB VIP!!!!!

今日はCLUB VIPがオープンしてちょうど一周年。
前の晩に、仲のいいDJが三人集まって前夜祭をしました

三つの放送URLで順番にDJをしていくという新機軸です
技術的なことはおいておいて、
この夜にこの企画が成立したことがなによりうれしいです

CLUB VIP一周年。
これからも、がっちり固めて行きましょう。
2006/07/23 03:36  Musictop▲

くさび

楽しかった連休は去り、
あっという間に激務の日々に逆戻り。

楽しみにしてたJリーグも残念な結果に。
なんだかとってもへこたれそうですが、
こんなときこそ、一日の終りにクサビを打ち込んで、
次への足掛かりにしなきゃね。
というわけで内容はなくても日記を更新です。

2006/07/20 03:55  Otherstop▲

連休♪連休♪

ひさびさにまとまった時間が得られました。
普段なかなか趣味にいそしむ時間がなかったので、
ここぞとばかりに満喫してます。

そんななか、やっぱり足が向かってしまうのは
CLUB VIP。

この中毒的とも言える音楽コミュニティは、
多彩なDJたちと熱心で寛容なリスナーさん達との
社交場です。

バーチャルスペースを介して繋がった人たちと、
今日も音楽を楽しみます。
2006/07/16 13:46  Musictop▲

SUMMER MADNESS!!!!

今日は皆さんの地元のご当地夏祭りトークで盛り上がりました
今年は誰かと地元の祭りに出かけたいな。。

KOOL THE GANGの名曲にあやかって、
暑い夏の夜を楽しむこんな選曲はいかがでしょう

アーティスト名の頭文字に注目です。


2006/07/15 02:40  Musictop▲

真夏の夜のbar

週末イベントに出演するので、ミックスの練習しました。
jazz funkを主役に添えて、
お酒が進む緩いミックスを目指したのですが、
途中から邦楽メドレーになり、
最後はカットイン講座みたいな
グダグダな構成になっちゃいましたwwww
2006/07/07 03:26  Musictop▲

久々にMix

サッカーしかもコート外の話題ばかりで息が詰まりそうだったので、
久しぶりにミックスを敢行。
蒸し暑い初夏の夜を涼しく彩るアシッドジャズを。
2006/07/04 03:05  Musictop▲

それでも人生は続く。

いよいよ、くるべき時が来ました。
まえまえから、イヴィツァ・オシムとの別れはいつどのような形であっても
寂しさを伴うものになるだろうとは思っていたのだけれど。

後付けで言わせてもらえば、「御大が率いる日本代表」には
すくなからぬ思いを馳せてはいたのです。
一人のジェフサポとして複雑ではあるけれど、
いつかその日が来て、オシムが代表をまかされることは
(本人の言う通り)ジェフでの功績を認められてのことなのです。
ジェフのサッカーが日本代表に必要であることの証明なのです。
だから、代表に選手を送り出すのと同じような気持ちで監督を送り出すことは、
ジェフサポの中には寂しさと同時に誇らしさももたらすものだと考えています。

個人的には、イビツァ・オシムは監督としての手腕はもとより、
人間としても多いに尊敬しうる「教師」であり、
その人物が選び、鍛えるサッカー日本代表については
久々に自分がみたいサッカーを見せてくれると期待していますし、
少なくとも今までよりも日本代表への愛情はもてると思っています。

総じて言えば、日本代表の監督をオシムがつとめることには
何らの不満をも抱いていませんし、むしろ歓迎さえしています。

でも。
心なき協会によって、その感情は歪められ、
惜別の時は要らぬしがらみをのこすことになったのは残念です。
協会の会長戦や、スポンサーのための親善試合に帳尻を合わせるために
リーグで優勝争いを演じているチームから人材を引き抜く行為。
それに一片の誠意のかけらも示すことなく、既成事実化して押し切る強引なやり方。
寝耳に水のクラブに対しては「契約への障害」という云われなき言葉を投げつける報道管制。
その点に関しては、百年構想を掲げたJリーグの支持者として、
一分も納得できないことなのです。

一地方クラブの数少ないサポーターは、口と目と耳を塞がれ、手を縛られ、
愛するクラブから愛する人物を協会の都合により取り上げられるのを、
ただただ受け入れるしかなかったのです。
イビツァ・オシムという不世出の監督のもと、
愛するクラブが念願のリーグ戦優勝を成し遂げ、
カップ戦の優勝では果たせなかった胴上げをしたいという
われわれの願いは、外力によってかなわぬものになってしまったのです。

半年を急ぐことに何のメリットがあったのか?
その答えは目先の試合を勝つことで証明される類いのものでしょうか?
それよりも、この先永劫と続いていくJリーグと、
生涯に渡りクラブを愛していくサポーターを裏切った罪の方が、
遥かに重いことのように思えてなりません。
2006/07/03 02:33  JEF Unitedtop▲

日本でサッカーを気にしているすべての人たちへ

http://www.geocities.jp/nagoya_flash/15.html

その通り。
2006/07/01 14:24  Sitestop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。