スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  |スポンサー広告top▲

いざ決戦

poster

もういてもたってもいられない。
ガンバがリーグで2連敗したとか、
宮本が怪我して出れるの出れないのだとか、
もう雑多なことはいいから。

縦横無尽に走り回り、
最後まで全員があきらめずに、
JEFらしいサッカーを存分に見せて、
そして


たのむ、絶対勝ってくれ
スポンサーサイト
2005/10/31 22:38  JEF Unitedtop▲

夏草や つはものどもが 夢の跡(もう冬ですが)

10/29 Jリーグディビジョン1 第29節
大分 0 - 1 千葉
得点者:(千) 佐藤

 稀代の名将同士の対決と謳われたこの一戦。相手は就任後負けなしのシャムスカ率いる大分トリニータ。上位に残りわずかな優勝の望みをつなぐと同時に、来週に控えたナビスコカップ決勝に向けて弾みをつける意味でも勝たねばならない一戦。

 大分まで観戦に行くことはかなわず、衛星放送での録画中継を楽しみにしていたのですが。が。
仕事長引きすぎて見れませんでした。。orz

 今ようやっとネットに飛び交う興奮のなごりを掻き集めつつこうして記事を書いてるわけですよ。で、どうやら期待にたがわず熱いゲームになった模様ですよ。

↓↓模擬実況恥ずかしいので畳みますよ↓↓
2005/10/29 22:32  JEF Unitedtop▲

Everytime Bests ~これだけはハズせない~

いつになっても色褪せない、そんな音楽が誰にでもある。
時を経てなお輝きを増してゆく素敵な音色たち。
little spice collectionsがお勧めする定番5撰。

1.What's the 411? Remix / Mary J. Blige


 Queen of hiphop soulの呼び声とともに1993年、鮮烈なデビューを飾ったメアリーJブライジの1stリミックスアルバム。オリジナルアルバムのすべての楽曲がhiphop色を強めてリメイクされコンパイルされたこのアルバムはまさに当時のそして現代のマスト。
 当時駆け出しDJとしてブースで煮詰まるとここに逃げ帰って窮地を救っていただいたものであった。老若男女問わずノリのいい歌モノには体揺らす法則を見いだした一枚。または、エロDJの源泉。


2.Spirit / Earth, Wind & Fire


 Funkの伝道師、Discoの覇者、Earth, Wind & Fire。ルーツをたどればSoulだ。誰が何と言おうと彼らの全盛期は76年。こちとら生まれてないけど。トヨタ・ハリアーのCMで蘇生されたあの曲もここに。Pure Soul, Pure Funk. Pure Groove.


3.The Pecan Tree / Joe Sample


 世間の定番が自分の定番ではない。いいものはいい。透きとおるピアノと掻き鳴らされるビート。こんなクールなジャズを背伸びして聴いてた頃の自分、ゆったりとくつろいで聴いている今の自分。好きなものは変わってない。


4.Legend / Bob Marley


 夏の合宿地で、冬のベッドで。どこにいてもボブのしゃがれた声は僕らを癒し、奮い立たせる。お日様と同じくらいボブの歌が好きだ。Redeption songはスティーヴィのオリジナルを超えて、ボブのアンセムとして刻まれる。


5.Brother Sister / The Brand New Heavies


 アシッド・ジャズの申し子、BNHの最高到達点。Dream on Dreamer、Midnight at the Oasis、Back to Love、Spend Some Time、Mind Tripsなど数々のシングルカットはいずれもクラブスマッシュとなり燦然と輝く。与えられた天稟と創作の自由を如何なくちりばめて結晶した最高の一枚。ああ説明が陳腐で悲しくなります。とにかく聴いて。

2005/10/25 02:48  Musictop▲

スーパーマリオ

フクアリの夕焼け

10/22 Jリーグディビジョン1 第28節
千葉 4 - 0 神戸
得点者:(千) ポペスク、巻、ハース、中島

 フクアリ2戦目は降格ゾーンの重鎮、神戸牛。負けられない相手ではあるが、このところ浮かれぎみのJEFサポとしてはそろそろネガティブにならねばなるまい油断して掛かってはイケナイ。
 
 ↓↓今日も長いんで畳みますね↓↓
2005/10/23 21:57  JEF Unitedtop▲

夢バトン

千駄ケ谷日記のひでと様より夢バトンなるものを頂戴した。世の中のバトンブームに見事に乗り遅れていたので、いつか回ってきたら何を書こうと思っていた。が。ミュージックバトンやコミックバトンならすぐに書けるんだけどなあ。フェチバトンとかね。
夢、ですか。
それではせっかくいただいたバトンですからしっかり次につなぎましょう。
↓↓
2005/10/20 21:38  Otherstop▲

Rock Motown

B0006ZJBJ0.09.LZZZZZZZ.jpg

Rock Motown (from buena vista records)

 久々の音楽collections。お台場のビレッジバンガードで掛かってたCDに耳が捕まっちゃいました。
 おなじみの珠玉のモータウンナンバーがイナタイロックでよみがえります。個人的には、Overjoyed、You are the sunshine of my lifeとかDon't you worry about a thingといったスティーヴィの曲は迷い無くヒット。ロックと言っても全然粗野でなく、全編通じて夜のシーンで外すことなく掛けていられる仕上がりになってます。
 秋の夜長に、ジャズやソウルを外してロックに耳を揺らしながらブログ更新中です。
2005/10/20 03:10  Musictop▲

感動と落胆:フクアリオープニングマッチ

フクアリ

10/16Jリーグ第27節 フクダ電子アリーナ こけら落とし
千葉 2 -2 横浜
得点者:(千) 阿部、巻 (横) ドゥトラ、坂田

 ついに待ちに待ったこの日がやってきた。フクダ電子アリーナ、通称「フクアリ」の記念すべきオープニングマッチ。閑古鳥に泣かされた(啼かれた?)懐かしい臨海をあとにして、新しいホームスタジアムでの歴史が幕をあけたー
2005/10/16 22:59  JEF Unitedtop▲

ジャックと豆の木

土曜日の晩、久しぶりに地元の仲間と飲んだ。
まったく無防備になって自分を晒せる大事な大事な仲間たち。
この人は無防備に寝過ぎてますが。
ジャックと豆の木

2005/10/16 21:59  Photostop▲

千葉は犬のみにあらず

>>ロッテ2連勝、リーグ制覇に王手 パ・プレーオフ(asahi.com)

やばいやばい。一篇に二つも(野球とサッカー)タイトル獲れちゃうかも。
やっぱ千葉すげーな。
あ、でも日本シリーズはタイガースでお願いします。
2005/10/14 03:41  Sportstop▲

iPod携帯、投入か?

indextopmac20050907.jpg

→NTTドコモ、音楽分野で巻き返し 「iPod携帯」開発へ - CNET Japan (イメージはMotrola社のROKR)

ついに来ましたか?これまでATRACに泣かされたMacユーザにも朗報?でも大枚はたいた40GのiPodはどうするんだ?なんて考えない。だってあなた、ケータイにiPodついちゃうんですから!!いやーdocomoさん、お願いします!是非とも実現を!
2005/10/08 13:36  Goodstop▲

雨の臨海、有終の美。そして国立へ

10/05 Jリーグナビスコカップ準決勝第二戦
千葉 2 - 2 浦和
得点者:【千】阿部 2【浦】田中(マ)、田中(達)
(2試合合計5-3にて千葉が決勝進出)

 少なくとも今シーズンについて言えば臨海での最終戦となった今日のナビスコ準決勝。第一戦敵地で3-1と完勝した千葉ではあったが、かえって失うものは(本当に)何もない対戦相手の捨て身の攻撃に足を救われないかが心配であった。最近のお決まりとなった臨海での雨のゲーム。この試合を思い出多き臨海時代の一つの区切りとして、胸を張って新本拠地へ乗り込んでいきたいチームとしては、何が何でもこの雨を歓喜の涙に変えねばなるまいーー

→→感動のドラマは動画でどうぞ
2005/10/06 03:40  JEF Unitedtop▲

鹿の両角に手を掛けるも、折れず

10/1 Jリーグ第26節
鹿島 2 - 2 千葉
得点者 【鹿】アレックス・ミネイロ 2 【千】佐藤 2

手に汗握る好ゲームでした。
勝ち点3は目前までせまり、手の中から滑り落ちていきました。
捨て身の攻防を繰り返し、両チームの選手が命を削って、
「どちらのためにもならない結果。サッカーにとってはいい試合になった」(オシム)という言葉が絶妙。これで首位とは再び勝ち点9差。順位は一つ上げたものの、好調セレッソに追い抜かれる羽目に。
NHK実況アナの「残された上位との対戦に勝ち続けることがそのまま自力での逆転優勝につながる」という言葉に一縷の望みをかけて、残り8節。
サポーターも命を削って応援したいものです。
2005/10/02 02:58  JEF Unitedtop▲

夢の日本シリーズ

2005年のセ・リーグの優勝が決まりましたね。最終戦までもつれにもつれたペナントレースの覇者は、昨年から札幌ドームに本拠地を移した札幌華生堂メッツ。73歳の岩田鉄五郎選手兼監督ひきいるスター集団です。一方パリーグでも壮絶なプレーオフの末、岩鬼正美の3打席連続アーチと主砲・山田太郎のサヨナラホームランで四国アイアンドッグスを下した東京スーパースターズが球団発足一年目にして日本シリーズに名乗りを挙げました。メッツの岩田鉄五郎は「敵は山田ただ一人じゃ。あの男を倒してワシは球界を去る」と息巻いています。
2005/10/01 02:12  Sportstop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。